生活 経済

【長生きな時代】住宅ローンも長い

投稿日:

どうも家庭でも学校でも、お金の知識にふれる機会はほとんどなかったですね。

毎日のように使うお金ですが、投資とか金利とか、もう少し身近で実践的な仕組みを勉強してくれば良かったんですが。

 

借金にはどうも触れたくない

money
住宅ローンと言えば、誰しもが耳にするだけでなく、実際に借り入れている人も多いと思います。

自分が住む家を建てるとなると、人生の一大事業です。世間通常のサラリーマンにとっては金額が高く、ローンを組むのが一般的ですから、特に違和感無く借りるものだと思われています。

でもこのローンを借金と読み替えると、とたんに聞こえが悪くなりますね。絶滅したと思われたサラ金も、カードローンとか言えばきれいに聞こえますが、全部借金です。

さらに多くの人が陥る借金地獄の引き金が、リボ払いですね。ともかく生活しているとすぐに誘いの穴に落ちてしまうように世の中にはいっぱい仕掛けが組み込まれてるなぁと感じます。

これらは皆、貸し手にとっては金が時間とともに金を生む、金利という商品をいかに上手く高く売れるかの競争です。このお金の運用や仕組み、特に借金については広く国民に教育がされないままなんじゃないかと感じています。自己防衛しかないんでしょうか。

 

低金利時代は銀行も苦しい

loan
世界全体のトレンドですが、低成長の国では特に金利が下がるところまで下がっています。預金金利は無いに等しいくらい低く、借り入れ時の金利も非常に低いため、多額で長く借りてくれる人を探すことになります。

これを実現するため、ローンでお金を貸したい側としては、住宅ローンを勧めたいわけです。金利が低いので、つい借りやすくなるし、物件も価格を上げやすい傾向です。

持ち家ステータスや、老後の不安解消などと喚起しながら住宅ローンを組ませると、貸し手にとっては格好の収入源になります。しかし目の前に快適な自宅が建ったと喜んでいると、アテにしていた収入計画が狂ったり、経済や就労の状況が国ごと大きく変わったりして、返済の負担が大きくなるケースが多いようです。

 

返済は高額で長期に

coins
買うときには気が付かないことが多いんですが、お金の勉強を十分していないと、リスクが読めずに苦労する可能性大となります。

そして政府は持ち家を推奨しているようだし、トレンドとしては住宅ローンの完済期間の長期化と高額化が見られるようです。完済時の年齢が平均で73歳になり、この20年間で5歳も上がったとのこと。寿命が長くなったものだと関心する一方、人生ずっと利子はらうために生きてるとも言えそうなご時世なんですね。

こうなってくると貸す側としても不安材料が増え、高齢化リスクや、企業社員の安定性低下などは今後も続くことでしょうから、貸しにくくなってくるとも思えます。

どうなんでしょう、高齢者になってもローン返済のために低賃金でも働くということになると、相当キツイ感じもしますね。年金も今後先細り感アリですし。

国家の政策とも思えますが、社会でお金を回していくための知識を、子供のころから実践的に学べるような環境があれば、社会全体の底上げになって良いのにとも思えます。

都市一極集中の時代も終わったかも知れませんし、生き方改革もデジタル化と共に加速しそうですし、面白い・楽しいお金の使い方ができるようなパターンで生きていけないかと、継続模索中なんですけど。皆さんはどうですか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントお待ちしてます!

-生活, 経済
-,

執筆者:

関連記事

路線バスの防護シート

感染リスク低減策

さきほど、緊急事態宣言の日本全国への拡大が発表されました。 インタビューを受けた人が何人か答えてましたが、ちょっと遅かったんじゃないの?という意見が多いようですね。私もその意見の一人です。 東京のオフ …

downtown

ウイルス対策からニューノーマルへ

先日、勤め先から全社員に対し、経営はニューノーマルへ移行するというメッセージが発信されました。 ん?何?と読み進めるうちに、私が今まで思い、時には主張してきたことの多くが 書かれていたので、正直嬉しく …

【コワーキングスペース】効率化と創造性

会社の本社オフィスを淡路島に移転すると発表したパソナグループの話は、さながら遷都をイメージしましたが、これは経済界の話ですからちょっと色合いが違いますかね。 ともあれリモートでの企業活動が技術的に可能 …

Val-de-Rance

マイナンバーにいろいろ管理される

ウイルスの蔓延により、世界中の経済がダメージを受け、まさか日本もこんな事態になろうとは予想してなかったです。 アルバイト・学生をはじめ、すぐに生活に困窮してしまう人が続出すると予想されたため、最終的に …

cashier

非接触な世の中に

感染症予防というお題目がクローズアップされているこの頃ですが、日常生活でも接触感染を意識した行動が目立ってきています。 身近なところでは、日常の買いものでの動作を考えると、スーパーマーケットが典型例に …

About PALOji * Walker

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやきます。

おでかけをこよなく愛しています。が!今はあまり出歩けず→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生活をイメージしつつ、次の楽しいことを探して、作業と読書にでも励もうと思います。

ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK

 


PR



サイト内検索

サイト内検索


ブログのフォローをお願いします。。。

下の欄にメールアドレスを記入していただければ、更新をメールで受信できます。


please choose your language…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。