生活

【新米の季節】稲刈り→ご飯のストーリー

投稿日:

先日、いつもお願いしている新米をゲットしてきました。
いつも玄米30kg単位で購入するのですが、今回初めて稲刈りからの工程を全部見せてもらいました。農家の方には全く参考にならないと思いますが、この機会にご紹介します。
 

稲刈り当日

米を栽培している農家にとって、収穫=稲刈りの日は格別の区切りの時です。食べるだけの我々にとっては稲刈りの日程はあまり関係ありませんが、実はベストな状態で刈り取るタイミングは5日間くらいしか無いんだそうです。
早すぎても育ちきっていない、遅すぎると割れ米が出て等級が下がってしまうなど、稲の成長によるタイミングが大事。それにさらに雨などによる濡れ状態で刈り取ると、乾燥のための燃費がかさむなどの影響も出ます。
このあたりの様子を全体的にみながら、エイヤと日程を決めるんだそうです。今年はバッチリ大当たりのタイミングだったようです。

稲刈りはコンバインで

ine
たわわに実った稲。結果としてはベストなタイミングだったそうです。

このコンバインでは、刈り取り→脱穀をすると同時に、稲穂を細かく切り刻んで田んぼに撒くという工程をいっぺんにやってのける優れものです。
ine
刈り取り開始します。
ine
 
どんどん刈り進んでいきます。
オーナーいわく、適当に曲がりながら田植えしたので、刈り取るときに舵取りに気を抜けなかったそうです。
私の目にはこれでも超まっすぐに見えるんですけどね。
ine
 
刈り取ったあとの田んぼ表面。切り株と切り刻まれた稲穂。これはゴミになるわけではなく、田んぼの土と混ぜられてまた土として一体化する、循環式なわけです。
ine
 

排出→トラックへ

ある程度刈り取ると、コンバイン内の籾貯蔵タンクが一杯にならないうちに、軽トラに置いてある収穫袋にエアで排出します。
combine
 
ブームを伸ばして調整します。combine
 
もみの山は壮観です。momi
 

乾燥工程へ

刈り取られて籾の状態になったら、これを乾燥機に充填します。

dryer
結構な量があるので、途中で傾けながら充填していきますが、手回しでリフトアップする機構がついていました。

籾を撹拌しながら石油バーナーで温度を上げた空気で乾燥させていき、自動制御により、設定した乾燥度になったら停止します。dryer
乾燥機の中では籾が循環して、均等に乾燥するようになっています。

 
1日目の作業はここまでです。
 

2日目は玄米に

翌朝、もみの乾燥度合いをチェックして、籾摺り→充填→出荷の工程です。
まずは、乾燥機と籾摺り機、その後に充填機と積込みのためのリフトをセットしておきます。
ricesystem
 
充填機の下にははかりが装備されていて、30kg玄米が入ったら自動停止するようにセットしておきます。
袋の中の金具は、きれいな形で袋に充填できるようにくふうされた折りたたみ式の型です。充填が済んだらスルっと抜けます。
rice
 
私は以前、籾摺り(もみすり)を脱穀と間違えてましたが、もみの状態から玄米の状態にする工程がもみすりです。

外皮である籾殻を引っ剥がす工程が籾摺りです。 左が籾摺り前のもみ。右が籾摺り後の玄米。


 
横に細長い奥の機械が籾摺りマシンです。そこで籾殻を剥がされ玄米になったら、左側の計量充填機に送られます。
ricesystem
剥がされた籾殻はというと、エアで外に捨てられてました。
momi
計量→充填が終わったら、きっちりと袋を閉じて、出荷です。
ricesystem truck
今年はこの地域、天候不順のため収量が若干去年より落ちているそうです。
ということで、できたて玄米は次の工程に。
 

食卓へ

玄米→白米の工程が精米です。とれたてできたての玄米を、家庭用精米機で食べる分ずつ、その都度精米します。
semi
(炊飯工程は省略しまーす)
そしてやっと食卓に、今年の新米がのぼりました!
rice お味はご想像におまかせしますが、照りつや・香り・味など、本当に新米はウマいですね!
素晴らしいお米をつくってくれたすべての関係者の方に感謝の瞬間です。
それにしても、お米ができるまでには、本当にたくさんの工程が必要なんだということが再認識できました。よく大昔の人は、すべて手作業なのに、ここまでして主食にしようとしたもんだなと感心します。
来春には田んぼ作りから田植えを見学したくなりました。
 
撮影地:長野県佐久穂町 品種:コシヒカリ

-生活,
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

k-car

【脱炭素の波】日本が誇る軽自動車にもキター

政府の脱炭素への取り組みはかなりインパクトがありますね。 政府からの発表では、軽自動車も対象にして電動車にするべきとの方向性が出ています。   脱炭素という言葉 炭素といえば、キャンプで使う …

FAX

【精神論ではない】Faxはやめよう

その昔、インターネットも使えず、PCも一人一台無かった時代に重宝されたFAX。このファックスが無くならないのはどうしてでしょうかね。 職場のFax合理化を進めてる最中なんですが、いくつか気がついた点を …

spray

【いろいろ変わった】引っ越し事情

いよいよ当方、プチ移住の日が明日に迫りました。 移住というのには大げさですが、今回はちょっと距離が有るので、引っ越し好きとしてはちょっと楽しみです。   知らなかったこと【1】前日梱包 実は …

1000円USBライトが優秀

今日、日曜日も丸1日家に閉じこもってました。 外界との接触は、金曜未明に注文したネットスーパーの受け取りと、ゴミ捨てだけという、なんともはやな日でした。 スーパーから配達してきてくれたのは、お姉さん。 …

unhappy

【有名税みたいな話】人の本能ですかね?

飲酒運転で問題を起こした有名人が、メディアによって広く報じられることになりました。これに対し社会は大きく反応しました。 私はメディアで報じられてしまうのは、有名人だったからなんじゃないかと直感しました …

人気の投稿から

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやく、東京に通うサラリーマンです、まだ。

おでかけをこよなく愛しています。んがっ!今はあまり人混みの中をほっつき歩く雰囲気でなし→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生き方をイメージしつつ、次の楽しいことを探して作業に励んでいきます。


ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK


読者登録すると記事の更新通知をメールで受け取れます。


 


PR