田植えから真夏まで【ケンさんの米作り】

中部北陸 日本 生活

暑い日々が続いてますね。どんどん暑さがこたえるようになってくるのは、気候変動のせいなのかはたまた歳のせいなのかと謎ですが。

長野県佐久穂町で続いている米作りレポートが届いていますので、佐久穂のコシヒカリ圃場の様子をお届けします。

田んぼの整備は去年から

sakuho2021

これは5月6日の状態です。
田植えの準備「しろかき(代掻き)」が完了しています。
1回目は主に昨年の藁の埋め込みと適度な土の撹拌を行います。なるべく水を少なくして藁が浮いてこないようにします。

この後の2回目では、なるべく平滑になるようにして完了後、除草剤を散布します。
除草剤の散布後1週間は、田植えは出来ません。

お米を育てたことがない我々にはなかなかなじみのない「しろかき」ですが、肥料(元肥(もとごえ))や藁・雑草を埋め込んだり、有害なガス抜き効果も有り、米の栄養源となる有機物の腐熟を促進する効果も期待できます。

 

田植えは5月20日でした。

その様子(クリックでYouTubeへリンク)↓
ケンさんの米作り

5/20 田植え直後

sakuho2021
sakuho2021

5/22 田植えから2日目

結構水没してしまっていて、ちょっと心配。→でも大丈夫!
sakuho2021

5/26 田植えから6日目

まだ一部の苗は水没してます。
sakuho2021

5/30 田植えから10日目

幾分生育が目に見えますが、まだ頼りなさそうな印象ですね。
sakuho2021

疎植栽培

sakuho2021
↑ 6/3 田植えから14日目

上記の動画でもすこし解説していますが、こちらケンさんの米作りは今年で3シーズン目の疎植栽培(そしょくさいばい)です。

疎植栽培とは、稲の苗を植える間隔を通常より広く取る方式のことで、今回使用した田植え機のギヤ比から27cmとしています。
日本で標準とされてきた株間18cmに対して、準備する苗の量は33%程度少なくてすみますが、日当たりなどが良くなる分、収穫量は変化しないと言われています。

このへんは農業の宿命、やってみなければ結果はわからないのですが、味や米の等級にも影響するらしく、逆に楽しみですね。

6/5 田植えから16日目

sakuho2021

6/9 田植えから20日目

このあたりから、やっと苗に元気がでてきたように見えてきます。
sakuho2021

6/12 田植えから23日目

sakuho2021

6/15 田植えから26日目

sakuho2021

6/20 田植えから31日

sakuho2021
このあたりから、分蘖(ぶんげつ)が確認できます。
sakuho2021
分げつとは、根元付近から新芽が出て株分かれをする事を言います。1本の苗からは1→3→5→7→9本….と、次々に増えていくので、最初に3本植えた場合は3→9→15→21→27本と増える計算になります。
これが増えすぎると身がつきにくくなるため、良いところで止める必要あります。

 

6/27 田植えから38日目

sakuho2021

一旦干からびさせる!?

sakuho2021
↑6/29 田植えから40日目
この2日前から、一旦田んぼの水を抜いています。
これは中干しと言う水管理のひとつで、田んぼに張っている水を一旦抜く工程です。
乾ききるまで数日かかります。

中干しをすると分げつが止まり、さらに倒れにくい稲になります。刈りやすい稲になるわけですね。
また今まで水に浸かっていた根の部分に酸素が入っていき、生育に悪影響を与える硫化水素などの発生を抑えます。このことから、米の味が良くなる効果も期待できます。

 

6/29 田植えから40日目

隣の田んぼは2日遅れで田植えしたそうですが、従来の18cm間隔での田植えとのことです。
稲穂の色が濃いことがわかりますね。
sakuho2021

7/3 田植えから44日目

sakuho2021
だいぶ乾きました。
sakuho2021

7/11 田植えから52日目

sakuho2021

7/15 田植えから56日目

★★
タイミングを見て、再び水を入れました。水を入れるタイミングは★★が★★な事から判断します。
sakuho2021

7/17 田植えから58日目

水もきっちり入りました。
sakuho2021

sakuho2021

7/21 田植えから62日目

すこぶる順調に育ってきています。
sakuho2021

sakuho2021