乗り物 生活 鉄道

【みどりの窓口が減る】DXへの一歩

投稿日:20201220 更新日:

日本ではこれから人口減が予想され、多くの公共的サービスの縮小やコスト削減が行われています。

先日聞いたみどりの窓口の縮小のニュースは、交通系だけに身近な気がします。

JR西日本の発表

midori
JR西日本からは、みどりの窓口を7割も削減するという発表がありました。

みどりの窓口と言えば、基本的には券売機で買えないきっぷを有人販売する機能を提供するところということです。

旅行や出張など、普段の利用と違う場合に利用するケースが多いと思いますが、最近では各種デジタルサービスが導入され、スマホで検索から購入・乗車までがシームレスでできるようにもなりました。

でもまだまだすべてのサービスがデジタルで提供されているとは言い難く、人的な確認や判断に基づいて決済・発券を行う必要があるケースも多いようです。

運行状況を見て直近の列車予約を判断したり、発券の条件が複雑な内容の場合など、プロの係の方に対応してもらうのが一番です。
とは言え、対面サービスを提供する側の苦労は大変なものかと思います。

システム化の歴史は長い

trainstation

みどりの窓口には、予約発券システムの端末が用意されていて、乗客のリクエストを聞きながら対応をする社員によって操作されています。
このシステムはマルスシステムと呼ばれ、日本が世界に誇る巨大な全日本システムで、乗客対応するために訓練された社員によって運営されています。いつ行っても鮮やかな対応に感心するばかりです。

なんとこのシステムはまだ国鉄時代の1960年(昭和35年)に運用が始められていますので、相当に早いタイミングでのシステム化を成し遂げたということになります。

人力、かつ紙ベースで、大量で複雑な列車座席予約情報をさばいていくことがすでに当時無理だったんじゃないでしょうか。システム化に投資するのに十分な理由だったんじゃないかと想像します。

一旦システム化すると、列車予約以外の営業情報を載せることができるので、旅行業者にも端末が置かれるようになり、広い対応が可能になりました。

ただ、窓口にリアルに訪問してくる乗客に対して有人で対応するという形式ではあったため、サービス拡大と共にシステムに加えて人件費も含む運営コストが大きいでしょう。

さらに昨今の利用者減による収入減少や、非接触アプリケーションの要望にDX化が必要となったため、経営的に難しい局面であることは確かです。

JR西日本はすでに昨年2019年初旬にはみどりの窓口縮小の方針は発表していました。同様の経営対策は各社に波及していくことでしょう。

本当のDXを実現してほしい

trainstation近年では一般乗客がスマホ等を介して、このシステムにアクセスしているおかげで、オンライン予約が可能になってるワケです。

これを進化させていけば、すべての乗客は、なにもきっぷの購入や予約を取るためにみどりの窓口に行かなくても済むようになると思います。全員スマホで鉄道利用してもらう、と。

でもここで考えておかなければならないのは、デジタルネットワークの入り口に立てない人が一定数必ず発生するということでしょう。
DXのXはトランスフォーメーションということですが、今までの常識や宿命をガラッと変えるくらいにまで進めることを期待したいところです。

まずは第1段階で、駅の券売機の向こうにオンラインでリアルタイム接続されている生身の人間が対応する、アシストマルスというシステムが開発されています。

この券売機ではJR職員が実際にその場所に居るわけではないものの、実際に人間が会話しながら対応してもらえるので、高齢者・障害者・外国人や証明書が必要なほとんどのケースに対応ができる模様です。

そして将来的には、たとえば高度な個人認証による改札レス、購入・予約作業がほとんど不要の交通機関利用、全公共交通システムの自動課金やサブスク制などを、ぜひJR各社が日本のMaaSの主役としてリードしていってほしいと思います。

各個人の要望を高度に入出力する技術、個人口座で高度に決済する技術の両方を開発し、つなげれば実現すると思うんですけどねぇ。どうでしょう。

-乗り物, 生活, 鉄道
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

M.2 SSD

免許が要らなくなる

自動車の自動運転技術が、世界的に上がってきてます。   自動運転カーは何のため 自動で道路を走行するなんて夢だったわけで、クルマ必ず人間が運転しなければならないものであるとして、この常識を疑 …

train

【定期券の未来】やはりMaaS?

以前通勤定期券の話を少々書きましたが、まだ具体的に定期券巻き上げの通達は会社から来てません。会社の大部分の社員にまだ通勤・出社の必要がある状態のためです。 身近なところでも、ICTの発達スピードに合っ …

powerline

楽天でんき【電力自由化の舞台裏】

国策によりさまざまな規制がされていますが、人の命に関わるようなものは除き、公共性の高い産業分野でも昔に比べたらいろんな自由化が進みました。 特にエネルギー分野で最近急に進んだ印象があります。 &nbs …

delivery

【DXで新エコシステムへ】最強のタッグかも

楽天と日本郵便の提携が発表されました。通販だけでなく生活全体に影響を与えそうな動きになりそうです。 やっぱり物流はサービス満足度、人生満足度にすごく近いところに寄り添ってますから。   いつ …

whiteshirt

クリーニング業の今後は

そう言えばこのコロナ禍で生活パターンが変わり、クリーニングに行く頻度が下がりました。 外出激減、スーツとワイシャツほぼ着ない、汗ばまないので汚れないということで、そりゃ行かなくなりますね。 &nbsp …

人気の投稿から

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやく、東京に通うサラリーマンです、まだ。

おでかけをこよなく愛しています。んがっ!今はあまり人混みの中をほっつき歩く雰囲気でなし→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生き方をイメージしつつ、次の楽しいことを探して作業に励んでいきます。


ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK


読者登録すると記事の更新通知をメールで受け取れます。



 


PR