働き方 生活

GoToキャンペーン協議の結果

投稿日:

お騒がせの政府によるGoToキャンペーンですが、さっき速報でGoToトラベルについて東京発着分を除外して始めるとの方向のようです。
あんれまぁ、またもや東京由来、な感じのストーリーですね。
 

行政と市民の間

government
相手がコロナですから、敵とか味方とかでは無いわけなんですが、政府のやろうとしていることと、市民側の実情、今回は都道府県の実情とがかけ離れてしまったんだと思います。
経済は回さなければならない、でも感染は予防しなければならないのジレンマ。
そして報道をよく聞いていると、国交省の幹部はどこに向いてるのかさっぱりわからないような発言もしていることから、やっぱり上に対する忖度とか、東京都も含め地方行政や市民を軽視しているとか、そんなことなんだと理解しちゃいますね。
 

やっぱりデータと即時性が必要

datadriven目に見えぬ感染に立ち向かうためには、科学的なデータと共に、最優先しなければならない国民一人ひとりの末端で動いている状況や心情をデータとして即時ネットで吸い上げながら政策に反映してもらいたいものです。
特に、人口の集中している東京+隣県、大阪+隣県当たりでは感染者が過去最大を更新しているような状況ですから、たとえ第一波と病床や治療法などの実情が違うとは言っても心情的にGoToキャンペーンじゃないのは当然ですよねぇ。
そしてまたもや東京に行くな来るなが鮮明に表現されていますから、もうほんとぐちゃぐちゃな感じです。
今のキーワードは、「今じゃない」じゃないでしょうか。(←日本語として、トリッキーな表現になっちゃいましたが)
 

ニューノーマルはやっぱり分散でしょうか

countryside アフターコロナ、withコロナなどと言われたのち、「ニューノーマル」あたりが今後の社会のあり方みたいな風潮になってきています。
住み方・働き方を総じて生き方の新常態を考えていくわけですが、このところの動きを見ていると、都心・都会にギュッと凝縮された住み方は、便利な半面リスキーということもわかりました。
この記憶からは、やはり密を避け地方に分散した生き方を選ぶ人も増えるんじゃないかと思います。
いまはIT系や事務所系の事業所へは、そもそも通う必要が無いんだと気がついた人や会社から、郊外への引っ越し・移住の例も増えてきたようです。
これから数年で日本の産業や人々の活動パターンがどう変わっていくのか、自分の行動も含めとっても気になるところです。
さて、経済・生活の充実は、分散という方向で実現できていくんでしょうか。
 

-働き方, 生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

compass

【ひたひたと迫るもの】年功で序列らない

最近どうもオフィスに出勤することが多いんですが、パチパチとPCに向かって作業してたら以前に共に働いたある社員がたずねてきました。 久々に嬉しい知らせでした。   出世とか昇進とか サラリーマ …

cashier

非接触な世の中に

感染症予防というお題目がクローズアップされているこの頃ですが、日常生活でも接触感染を意識した行動が目立ってきています。 身近なところでは、日常の買いものでの動作を考えると、スーパーマーケットが典型例に …

school

【考える人を育てる】コピーでなく

日本で生まれ育って身にしみた常識。この常識って誰が決めるのといえば、社会が決めるんでしょう。 法律でもない常識と言われるところで、最近日本で窮屈なもので典型的なのが同調圧力といわれるところかと思います …

mountain

【運動不足】これも継続ですかね

在宅勤務というか巣ごもり生活も長くなってきましたが、今年2020年の3月4月くらいに感じていたのは、なんと言っても運動不足ですね。 これからの生活を考えたらやっぱり運動しなきゃと、これも当たり前のこと …

うなぎ@鹿児島県志布志市

年功序列終了は加速

一日じゅう家にこもってます。PCに向かいまくりです。 ネット動画では、家で体操するコンテンツも増えてきましたね。テレビでも増え始めてるとか聞こえてきますね。   そんな中、サントリーに関する …

About PALOji * Walker

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやく、東京に通うサラリーマンです、まだ。

おでかけをこよなく愛しています。んがっ!今はあまりほっつき歩く雰囲気でなし→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生き方をイメージしつつ、次の楽しいことを探して作業と読書にでも励んでいきます。

ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK


サイト内検索


PR