生活 経済

クリーニング業の今後は

投稿日:

そう言えばこのコロナ禍で生活パターンが変わり、クリーニングに行く頻度が下がりました。

外出激減、スーツとワイシャツほぼ着ない、汗ばまないので汚れないということで、そりゃ行かなくなりますね。

 

クリーニング業に影響

cleaning日本の衣服のクリーニング業は、なんと1994年をピークに従事者数も市場規模も減少し続けているそうです。

その要因として身近に感じるところでは、ここ数年急激に進んでいるビジネスマンのノーネクタイなど、カジュアル化じゃないかなと思いました。

で、ちょっと調べてみると、やっぱりファッションのカジュアル化は進んでいるようです。

ブランド物に限らず、いい服をフォーマルに着飾るという生活パターンがどんどんゆるくなって、というか自由になってきたからでしょうかね。

あと、家庭の洗濯機で洗えてしまうシャツやスーツ、またその用途別洗剤が開発されたりしたことも一因です。

さらに根底には、長く続くデフレによる節約志向も影響しています。

 

社会で影響するのはやはり人の心

remotework 一億総中流時代と呼ばれた、どんどん人々の生活レベルが上がったことが実感できていた時代がありました。昭和40年移行あたりですね。

スマホもネットもない時代に皆で発展を謳歌しているときは、きっと心情的には晴れ晴れしていた人が多かったんじゃないでしょうか。

今はなんか情報過多なのか、世の心配事で煽られたりしてマイナス思考になりがちです。

クリーニングというあまりにも生活シーンでは当たり前のサービス一つとっても、人の心が少し引っ込むだけで、業界全体の数字になって現れてしまうんだと思えます。

これから先、少子高齢化も、在宅ワークも一気に進む予感。

クリーニング業界にはツラい時代となりそうです。

 

伸びるクリーニングも有り

eirconcleaning そんな中、同じクリーニングでもコロナ禍で伸びているクリーニングも有るそうで。

ウチでもそうなんですが、在宅ワークで家にいる時間が長くなると、この時期エアコンつけっぱなしです。

どうも素人が手出ししにくいのがエアコンクリーニングですが、伸びてるようです。

高いところに設置されてる室内機をバラすのもタイヘンだし、そもそもどうやって掃除するのか手間掛かりそう。

ということで、プロに丸投げ!となるケースが多いでしょう。

エアコンも含め、家の窓・床・洗面台などなどのクリーニングは、ハウスクリーニング分野として年々伸びています。

これも高齢化の影響でしょうね。

身の回りも経済も、「高齢化だから」で片付けられてしまうようなことになるんでしょうか。

あ、関係ないですが、定期的な歯のクリーニングには定期的に通うようにしてます。歯ぐきの調子がホントに良くなりますから。

-生活, 経済
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

supermarket

【DXに乗れるか】日本の生鮮品EC

なにやら普段の生活にもアルファベットの略称が増えてきました。DXとかECとか、、。 そもそも日本語、というか日本になかった単語や考え方が英語で表現されてるケースが多いからですが、もっと注目すべき分野も …

onigiri

【レジ袋再び】スーパーのレジで

プラスチック削減でレジ袋有料化となりましたが、なんかまだ慣れないですねぇ。 コンビニでも必ずレジ袋ご利用ですか?って訊かれ、コンビニに行ってるのに、ぜんぜんコンビーニエントでない印象でイマイチではあり …

自粛の工夫とやるせなさ

行政からの要請、というのはとってもやるせないものだなぁと思います。 今日、なんとゴールデンウィークの初日の祝日だというのに、珍しく休日出勤でした。 祝日の朝というのは通常それほど街なかが混雑するという …

trash

またゴミとかリサイクルとか

生活に密着している飲料自販機の横においてあるゴミ箱。あれは実はゴミ箱ではないそうです。 え?と思ってしまいますが、消費行動とセットになっているゴミについては、全世界的に永遠に終わらない議論になっている …

梅のり@ジャポネ

胃と大腸の内視鏡検査

昨日は年間行事としている内視鏡検査に行ってきました。 半年前くらいに予約をして、胃は毎年、大腸は2年に一回検査すると決めて、毎回結果を見ながら先生から「じゃ、また来年」とか言われながらもう10年位通っ …

人気の投稿から

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやく、東京に通うサラリーマンです、まだ。

おでかけをこよなく愛しています。んがっ!今はあまり人混みの中をほっつき歩く雰囲気でなし→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生き方をイメージしつつ、次の楽しいことを探して作業に励んでいきます。


ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK


読者登録すると記事の更新通知をメールで受け取れます。


 


PR