生活 働き方

人と会う、という暴力性

投稿日:2020/07/13

在宅勤務の話題がまだまだ収まらないこの頃ですが、気になる単語が飛び込んできました。

人と会うことに暴力性がある、というのです。

 

会社という社会で人に会うこと

office
リモートワークの逆、というと普通の出勤ワーク、ですかね。なんか、「昔は★★★ワークしてたんだよね」みたいな新語ができたりして。

あまりに一般的すぎてなんと言って良いかわかりませんが、今まで疑問にも思わなかった普通に出社して勤務することは、それなりの人数がいる場所に毎日集まって会いまくるわけですから、これを暴力といわれるとちょっとピンときませんね。

前に、在宅ワークが主でたまにオフィスに出るのは特別な場面になるなんて書きましたが、それもどちらかと言うとオフィスで会えることには、より高い価値があるという考えで、なにか重要な事を決めるとか、人の心に深く影響するような内容の場合はやっぱり会って話をする必要があるんじゃないかということで理解していました。

そこでこの暴力という言葉の意味を改めて調べてみると、筑波大の斎藤環教授が説かれた内容とのことです。

一人で誰とも関わらないという状態から抜け出し、誰かに会う、人の輪に入るということ自体、どんなに気遣いをしたところで人に関わること自体暴力と表現できると。

なるほど、気が重いなぁとか、気を遣うとかいうことは、たしかに自分にとってプレッシャーにもなるし、受ける側だってそうでしょう。

ところが、この暴力を一概に悪いものだと決めつけられるということでもなく、実際に会って人と関わった方が物事が早く決まるということも、実際コロナの自粛が引き金となって、気がついたりしました。

そして人と会って時間が過ぎた後には、プレッシャーが解けたことで充実感が感じられたり、具体的に得られたものが有ったりと、むしろ良いものが残ることも多い。

うむ、なんか暴力性という言葉で説明されるのって、すごくこの状況にしっくり来ると思います。

 

人の個性と柔軟性

まぁみんながみんな、会うこと自体を暴力ととらえるかと言えばそうでもないでしょう。

人の数だけ個性というものは有りますから、それぞれひとりひとりが少しずつ人々が居る社会に合わせる柔軟性というのが、人生で試されてるんだと思っておけば良いかも知れません。

そう考えるとやはり、会社のオフィス「も」、必要なときには自由に使えるように準備されている上でのリモートワークが基本で良いんじゃないか、と思えるところです。会社としては社員に選択肢を広く持たせるだけで、随分と社員満足度は上がると思うんです。

普通に出社したり人に会うことを、これだけ改めて関係性について考えてみたのは実際初めてですね。

ゆくゆくは、暴力とは正反対の感情を持てるような集合や再会ができる日を、楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントお待ちしてます!

-生活, 働き方
-

執筆者:

関連記事

book

連休モードで何をするか

日本全国、連休モードで何をするか迷ってる人も多いのではないかと思います。 私もその一人ですが、東京の出入りを控えるモードと決めたので、まとまった時間文字を読もうかなと思い、とりあえず実践中です。 &n …

ついに患者発生の一報

外出自粛要請がいつ緊急事態宣言になるのかが生活でも会社でも話題になっていた矢先、勤め先のビルでコロナウイルスに感染した患者が発生したと、ビル管理会社から連絡があり、騒然となりました。 情報の性格上、詳 …

remote work

生活を楽しむために競争力つけなきゃ

世界競争力ランキング2020年版というのが、スイスのIMDという研究調査機関から発行されました。リンク   国際競争力 国際競争力を世界の各国ごとに計測しますが、判断基準は以下の4つで判断さ …

moving

【引越し準備】ネットで便利

在宅勤務というか、どこでも仕事できることにも慣れてもきましたが、もっぱら夕刻からはプチ移住の引越し準備をしたりしています。 なにを今さらですが、前の引越しの時から比べても、やっぱりネットで完結できるこ …

leaf

熱中症がこわい

このところの猛暑で、熱中症による死者が多いと報道されています。 今日2020年8月21日時点で既に、東京23区で熱中症で亡くなった人が148人となり去年の8月の数値を超えたとのことです。 命の危険と隣 …

About PALOji * Walker

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやきます。

おでかけをこよなく愛しています。が!今はあまり出歩けず→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生活をイメージしつつ、次の楽しいことを探して、作業と読書にでも励もうと思います。

ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK

 


PR



サイト内検索

サイト内検索


ブログのフォローをお願いします。。。

下の欄にメールアドレスを記入していただければ、更新をメールで受信できます。


please choose your language…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。