バス 乗り物 生活 鉄道

公共交通・新時代対応の運賃体系に

投稿日:20200711

外出自粛令出ても、公共交通機関は公共インフラとして運行を続けてくれました。

実際にどれくらいの人が利用したのかは、その交通手段の種類によって本当に事情がまちまちです。

バスでもいろいろ事情が

remote work
公共交通を支える乗り物の代表であるバスですが、一言にバスと言ってもそのサービスの種類によって相当バス会社の経営に差が出ています。

記憶に新しいのは、北海道のバス会社が次々と社員の解雇や、廃業に踏み切ったことです。

インバウンド客は当然今回の移動自粛により日本に到達できなくなった、つまりたどり着けなくなってバスに乗れないわけだし、コロナ禍で観光しようとか、大勢1台に乗って遠出しようというイベント自体が消滅してしまうんですから、経営が成り立つわけがありませんから。

一方都市の市バスなどは、その公共性から運行維持の要請を受けました。多少の減便を伴う変更は有ったものの、基本的には乗客がスカスカでも運行し続けなくてはならず、見るバスどの時間帯でもすべて状況からは、とても黒字を保っているとは見えません。

国や自治体からの補助や援助が一部出るとは想いますが、今後の対策と経営の岐路に立っていることでしょう。

交通安全に加え、衛生の安全がピリピリになってしまったので大変ですが、ぜひ良い路線の保護に各社各当局が頑張って欲しいところです。

JR東日本はついに特別運賃の検討

電車の長椅子一つおきに座る
身近なだけになにかと話題に上る鉄道の経営については、先日JR東日本が時間帯別の運賃設定を検討するとの発表がありました。

人の移動が減った状態がもう今後定常的に戻らないなら、それに対応する運行にする必要があります。

私も昔から通勤ラッシュの時間帯には定期券が使えないとか、料金3倍にするとかすればいいのにと無責任発言をしてきましたが、おそらく大真面目に考える事になったんでしょう。

あとすぐにでも世間の社員を抱えている各会社の判断でできそうなこととしては、通勤定期券の支給を廃止して、その浮いた予算で在宅勤務のための光熱費や通信費に充てたら良いと思います。

したがい、鉄道会社も定期券の値付けは慎重にならざるを得ません。

やはり時間帯で運賃が自動的に決まり、手間いらずで自動決済されるシステムにより、ラッシュの時間帯が生じず、収益も確保できるようなプライシング施策が求められることでしょう。

やはり場所依存は薄らぐ

remote work
仕事、つまり事業系の業務を意識した生活パターンとしては、もうリモートワークへの流れは止まらないと思います。

設備ありきの勤務で無い限り、住むところについて全く制約が無いと言い切れる職種もけっこう存在すると思います。

であるとすれば、いよいよ東京のような大都市は、たまに仕事で集まる場、おおいに人々のエンジョイ、エンタメ系イベントが実現できる場というエリアに再デザインするのが良いです。

生産性を究極に上げて、プライベートの時間と手取り利益の最大化を目的とすれば、ごくたまにしか通勤をしなくて良い人も大量に増えるでしょう。

そういう意味では今チャンスですから、鉄道各社は、通勤時間帯解消のため運賃を引き上げ、エンタメ性で付加価値を最大にした乗り物システムとして、都市のサービスと連携もして一旗揚げてほしいところだと思っています。

-バス, 乗り物, 生活, 鉄道

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

jisui

自炊を趣味にすれば

皆さん、自炊してますか? とくに議論してるわけでもないんですが、この話題は何年経っても結論というかこれだという答が全く見つからないで、堂々巡りしているんですが、最近は自炊は趣味の一つにしたら良いんじゃ …

cctv

クラウド防犯カメラと応用

非接触アプリケーションがいろいろと耳に入ってくるようになりましたが、防犯カメラ分野もこのトレンドで注目されてきています。 防犯カメラといえば身近にある典型例には、繁華街、店舗、銀行、家の軒先などに設置 …

シャープのマスク

本日からシャープがマスクの製造販売を開始するとのことです。 https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1248198.html   マスクの販売サイト SHA …

もうかざめの照り焼き

スーパーシティ法

スーパーシティ構想という取り組みがあります。 街・地域規模で多様な新技術を導入し、これまでに無かった新しいサービスを創り出していって、人々の暮らしを豊かにしましょうという考えです。まるごと未来都市を作 …

2本アームで一人分の仕事【そば調理ロボット】

電車通勤する身にとってはなじみの多い、あの現場にも自動化の波が来ているようです。 世界じゅうで行動パターンが急激に変えられていく中、人々の流れの変化に対応する新しい取り組みが次々と聞こえてくるようにな …

人気の投稿から

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやく、東京に通うサラリーマンです、まだ。

おでかけをこよなく愛しています。んがっ!今はあまり人混みの中をほっつき歩く雰囲気でなし→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生き方をイメージしつつ、次の楽しいことを探して作業に励んでいきます。


ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK


読者登録すると記事の更新通知をメールで受け取れます。



 


PR