外出自粛要請

ブログ 関東甲信越

コロナウイルス蔓延については、小池都知事のアウトブレイクになるかの重大局面との発表に続き、隣県から本日相次いで同様の発表がでました。

なにやら、オリンピック延期の発表を待っていたかのような息せき切った感じがします。

 

いくぶん哀愁がかんじられる、そこらへんの夜桜

 

個人的違和感としては、じゃ、今までは爆発感染を予想してなかったのか?なぜこのタイミングなのか?命令でなくて自粛要請なのはまだわかるけど、具体的にどういう事をどの程度行えば良いのかは不明なので、納得にまで至りません。また、国の対策本部が今晩立ち上がってますが、進捗や技術的な情報を国民にちゃんと透明性をもって公開できるかを見ていきたい気持ちです。

今回の騒動で台湾では、学校のカリキュラムをきちんとこなせるように仕組みを作った上で、長期休校=自宅で勉強を進めるというための、具体的プランを行ったことが功を奏してるとのこと。徹底的な情報開示で、共にウイルスと闘っていくことを国民に呼びかけて通じていることがキーポイントだそうです。

適度な国土サイズ・国民数・財力と有能なリーダが有るというところもその要因なのではないかと思います。決定が速いですから。
そろそろある一定の広さの土地に人間が多すぎること、これそのものがリスクだと捉えられるかもしれないと思います。どうしましょ。