シンガポール 世界 生活

ロボットが人気

投稿日:20200603

3密を避けると言う表現は使ってないでしょうけど、シンガポールではロボットが活躍しているそうです。

シンガポールは国のサイズが小さいだけあって、こういう全く新しいソリューションの導入では、合理的だと認められるものについてはすぐに導入されていくという印象があります。変化のスピードが早い国で、ちょっと資料を見てみたら、一人あたりのGDPは日本を越しています。

人同士の接触ではないのでまずは安心だし、やっぱりこういう非日常なものは子供に人気だそうです。ということで今後この手の用途のロボット導入は世界中で増えるんじゃないでしょうかね。

robot

image by D1_TheOne from Pixabay

 

漫画の世界でロボットが登場するのにはみんな慣れてると思いますが、リアルな生活の場ですでに活躍している姿を見ると、なにやら未来を感じます。今後数年でこう言う風景は当たり前のようになるんでしょうか。人がやってること、たとえば警備・案内・伝達・配達などは、こういったロボットに将来置き換わっていく可能性がありますね。

自動運転車両は珍しく無くなってきましたが、移動手段は主に車輪なので「車両」であって、生き物でなくモノであると認識してしまいます。
でも4つ足でこういう動きをするロボットなら、心を持っている生きたモノ(動物ではないけど)という関係性で、自然に接するようになれそうです。

公園をパトロールしている、とても実際の犬の形態とは言えない犬型ロボットSpotの動きを見ていると、ものすごくリアルな動きですね。

ロボット犬「Spot」、シンガポールの公園をパトロール–人との距離確保を呼びかけ(CNET Japan)
https://japan.cnet.com/article/35153528/


前にどこかの動画でこれ見たんですが、蹴飛ばしたりぶっ叩いたりしてもちゃんと復活して、その動画では人に向かってくるなんてこともできる能力をもっていました。

この動画見ると、クオリティが高くまるで生き物のような動きで、怖いくらいです。

身近なところに現れるのは時間の問題かもしれません。楽しみです。

-シンガポール, 世界, 生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

platform

【通勤往復220分】プチ移住で意外に良いコト

プチ移住してみて生活が大きく変わったかというと、そうでもないんです。 ただ、通勤を含めた働き方はちょっと目新しくなったかもしれません。 移動時間も自分の時間 感染防止が生活の基本にもなったこの頃ですが …

電車の長椅子一つおきに座る

GW明けの出勤=外出してしまった

昨日はGW明け5月7日の出勤外出をすることになり、困ったと書きました。気が重かったですが出動しました。 始発は無理だったんですが、AM6時台前半の電車に乗車しました。同じような境遇の人が多く、なんか似 …

myhome

【住宅ローンのコスト】激変に対応すべし

借金してる?とはなかなか友人にも聞きにくい話題の一つですが、生活をしていく上で身近な借金と言えば、住宅ローンとカーローンですかね。 私の経験談にはなりますが、住宅ローンに対する印象を書き留めておこうと …

airplane-seats

紙と印刷が消えていく【機内誌のデジタル化】

ANA(全日空)の機内誌と言えば翼の王国。良質コンテンツがよく紹介されていた印象があります。 フライト搭乗記念に持ち帰ることもできる通常の紙の冊子ですが、本日2021年2月25日デジタル化されることが …

digitalfinance

ユーザが選ぶ【ユーザを選ぶ信用金庫のDX】

きょうは、天気も良くサクラも咲いてるのでほっこりでしたね。 でもなぜか、日本のデジタル化生活の定着はまだまだかなと思えた日でした。   株主総会はかなりリモートに 今日は株主総会でした。感染 …

人気の投稿から

PALOji*Walkerのぱるおじです。

日々身の回りの事などなどをつぶやく、東京に通うサラリーマンです、まだ。

おでかけをこよなく愛しています。んがっ!今はあまり人混みの中をほっつき歩く雰囲気でなし→悶々としていても仕方ないので、ニューノーマルの生き方をイメージしつつ、次の楽しいことを探して作業に励んでいきます。


ぱるおじ*ウォーカートップへ:LINK
YouTube : LINK
Twitter : LINK
Instagram : LINK
Pinterest : LINK


読者登録すると記事の更新通知をメールで受け取れます。



 


PR