シャープのマスク

生活

本日からシャープがマスクの製造販売を開始するとのことです。

マスクの販売サイト
SHARP COCORO LIFE
 
価格は送料抜きで一枚60円程度、クリーンルームで製造されたということで、液晶メーカーの設備を利用したブランド化が見事に実現しているなぁと感じています。
すでに報道されていましたが、有言実行、一般消費者向へにネットでの購入システムと、物流との連携を整備済みですね。
これをこのタイミングで発表できることは、企業として大いにお手本となります。
 
ただ、現在のところ1日あたり3000箱、後に10000箱の供給では、日本市場に向け当分の間は明らかに焼け石に水だとは思います。
 
でも、こういう動きが日本国内の企業間で拡がっていくことは歓迎です。
マスク需要がどうなっていくのかがまだまだ不透明ですが、市場に一石を投じることは間違いないでしょう。
設備投資を迷っている余裕のある企業は、孫さんやシャープにならって業績と名前を上げる大チャンスなのではないかと思います。