【アナログ瞬時でした】車庫証明の申請

生活 社会

先日OSS、自動車保有関係手続のワンストップサービスについて書きましたが、警察署に車庫証明申請に行ってきましたので、雑感などを。

アナログ最強

police
はい、先日OSSで惨敗しましたので、2週間ぶりに警察署に向かい、車庫証明の申請をしてきました。
運転免許の書き換えが場所によっては土日に行われていることもあるので、てっきり土日もOKかと思ってましたが、平日だけでした。
まぁ警察の方にも生活が有るわけですが、警察だけに24時間365日受け付けているのかと思ったら、受付時間もこれまたきっちりしていて、AM0830から1200、1300-1715とのことです。
12時からはお昼ごはんの時間ですので、職員の方は一斉に昼休みですが、待っている来訪者が窓口カウンター越しにワラワラと大勢、それも慣れない人たちばかりなので、質問できそうで出来ないみたいな妙な雰囲気です。
まぁ13時までは絶対に受け付けてくれませんので、自分も昼食か暇つぶしか出直すかするわけです。こういうのってデジタルな生活や仕組みになったら昔の出来事になるんだろうなと思いつつ待ってました。

収入証紙健在

保管場所標章交付申請書
紙とハンコを全国的に廃止しようと政府が動いているご時世ですが、そうそう急に変わらないのがお役所。特に警察関係は手続きの仕組みについては世間から隔絶され、いつの時代でも最後にやっと変わる印象です。
今となっては逆にレトロを楽しむためには、一番手っ取り早いスポットだと個人的趣味としては思ったりしてますが、思わずまた感動してしまったのは、収入証紙です。
ここのところ証紙という単語を忘れていたほどですが、その昔大宮の試験場に足繁く通ってた頃に相当お世話になった記憶がよみがえってきました。まぁ収入印紙と同じく、切手にそっくりな金券です。
収入印紙と間違いやすい収入証紙ですが、県などの地方公共団体に収める必要が有るお金はこの収入証紙を購入して、申請書などに貼り付ける方式をとっています。収入印紙は国宛ですね。
その収入証紙は廃止する都道府県が続出しているのですが、その理由が現金での納付が可能なところが多いためと聞くと、これまた何周も回ってレトロ感炸裂ですよね。
この手の金銭授受の手続きは、既に有る技術を組合わせてデジタル化が利用者のためになります。手間だけ残っていて何も産まないシステムは、DX推進の動きで早くデジタルに移行するべき手続きですね。

とは言え、13時0秒になって窓口オープンしたので、13時5秒くらいに、先日申請書一式を速攻で支給してくれた車庫証明申請窓口のおそらく同じ担当の方に、準備していった申請書一式を提出しました。
まぁその道何年なのかわかりませんが、超絶手際よく、一切の無駄な会話無く、適切な指示で不足箇所に記入を促され、約1分くらいで終わりそうになったとき、眼光鋭い担当者からの質問が、
「この駐車場から出たあとに最初に面する道路の幅が書いてないので今書いてください。」とのこと。
実測してないのでモゾモゾしていたら、乗用車がすれ違うことができるかと訊かれ、楽勝ですねと答えると、じゃぁ5mかな、と。
ボールペンで紙に5mと書き加えて、無事受理、申請完了。
ここまで2分くらいですかね。OSSで準備も入れると2時間ですから60倍速い。さすが人的アナログ対応、アナログ最強です。
連休はさんでも6日後に交付予定だそうで、意外に速いっすね。

保管場所標章交付申請書

これまた今となっては驚愕なのは、紙でもらった申請書用紙への、記入から申請・受理まですべて手書きとハンコで済んだことです。厳密には申請書の控えを、紙のコピーでなくてスキャンしてPDFで自分のPCに取っておくことだけはしましたけど。
これを素早く大量に処理するための人員とノウハウの資産が、警察にもおそらく日本中のお役所に膨大な規模で存在することもわかり、若干おそろしくも感じます。

DXの波に飲まれるでしょう

drivingマイナンバーカードと免許証を統合される方向だそうですが、どうやら2025年だそうでちょっと時間かかりすぎですかね。

国民総背番号制には、日本人的には抵抗がある人が多いと聞きますが、今の技術なら究極的には生体認証の組み合わせでイケるんじゃないでしょうかね。ICを体内に埋め込むのまでは抵抗有りすぎでしょうけど、それで受けられる恩恵が大きければ、考える人多くなるんじゃないでしょうか。
アップルウォッチ持って無くても、手ぶらでどこでもフリーパス、エアフライトのファーストクラス並の優先サービス、早いもの勝ち!みたいなうまいシステムが出来てくれたらいいんですが。
ともあれ、車庫証明や車両の保有や動態状況把握など、すべての手続や管理など、MaaSも組み合わせてデジタル化すると万人に恩恵が有りまくりな気がしますがどんなもんでしょうか。
プライバシーを守ることも必要ですから、管理されまくるのは問題だと言う人も多いとは思いますが。ここでもデジタル・アナログのバランスが難しいのも確かですね。どうせDXやるなら国レベルで、世界に向けても納得のいくものがいいですね。