【まだだめでした】自動車保有関係手続のワンストップサービス

クルマ 乗り物 生活 社会

最近の興味は、お役所手続きのデジタル化で、片っ端からいろいろと試してみているのです。

ですが残念ながらまだまだだめなようですね。立て続け手にダメ出しをくらいましたので、メモがてらご紹介しておきます。

 

惨敗:自動車保有関係手続のワンストップサービス

以前に書いた「自動車保有関係手続のワンストップサービス」。これは自動車のナンバープレートを、引越した先の住所に変更するだけの手続きで利用してみました。
そのまま通知を待つようにとのメッセージを受け取り、ずっと処理が始まらないなとナシのつぶてで待っていたんです。そしたら、こんなメッセージが届きました。
OSS
結果から言うと、手続きできませんでした。受け取った収穫としては、この画面だけです。

webにアクセスするだけですからソフトウェアは特に用意する必要は有りませんが、ハードウェアを揃えたり慣れない画面での入力をして1時間を失っただけでなく、今回は約2週間を失いました。

これにはもう呆れるだけですが、UIが最悪なため、UXで0点と表現したいです。このままなら二度と使いたく有りません。
どうやったらこの状況を手続き上リカバリできるのか全くわからず、自分が申請した情報をマイページなどでも再度確認できず、何もできません。

「なんだかわからないけど、却下です。さようなら。」ってことですよね。

対処法を相当ググっても出てこないので、唯一の救いと思い、サイトにかろうじて書いてあった電話番号050-5540-2000に電話をしてみました。

そもそもデジタルでワンストップだと思ってトライしている手続きなのですが、そこに電話の通話で問い合わせるということ自体も、本末転倒ですけど。

で、この電話でも驚愕の対応だったのです。

 

リアルたらい回し

固定電話電話口にオペレータの方が出るまで数分待たされることには慣れています。で、本当に数分待たされましたが、どうやら全国区で処理をしているセンターのようです。

状況を一通り説明しても、結果としてここの受付では全く対処法が無く、「どうしたらいいかわからないので、管轄の担当におつなぎします」となりました。

電話をつないだまま約5分して、転送先の地元の担当者が応答するものと思ったら、「現在電話が大変繋がりにくくなっているため、改めて時間を置いてかけ直して欲しい」と。

「どこにかけるんですか?」と訊くと、同じ050-5540-2000だというんで、「また掛け直しても同じなので、絶対今つないでください、ずっと待ちますから。」と伝えると、保留になり、また数分してから、

「担当から折り返し電話を差し上げます」

ということになりました。電話裏ではきっと、相当なアナログ対応の葛藤があったんでしょうね。

呆れましたが、まぁ、これで解決するならいいか、と電話を一旦切り、10分か20分、忘れましたが電話がかかってきました。

 

システムがだめだと、対応もだめ

card_reader_

OSS(自動車保有関係手続のワンストップサービス)の担当とされる、引越した先の担当者からコールバックが来て会話をはじめました。

状況をまた一通り説明して返ってきた返答としては、要約すると「わかりません」「多分転入時のデータが足りないんだと思います」「デジタルデータが引き継がれていないようです」という感じ。

あきらめて、「では次にどうすればいいんですか」と質問したら、「警察署と運輸支局に書類持って行く必要があるかもしれませんね」と最後通牒されました。断言でなく、想像形で言われたんですよ。

これって、ワンストップサービスがもし無かったらもう終わってましたよね?とボヤいたら、まぁそうですね、と。

仕方ないので明日休暇をとって手続きをアナログで進めようと思います。システムや法律が改良されてからの方が良かったかーー。。。

これが実態ですので、慣れた業者の方などは除き、一般市民はこのサービスを使うのは人生の時間の無駄ですので避けたほうが無難です、ということをお伝えして、本日はお茶を濁したいと思います。すみません。。。。

他の行政のシステムも、未熟なうちは手を出さないほうが身のためかもしれませんが、担当者の方も気持ちよく仕事ができるよう、システムと法律の最適化を早く進めてもらいたいと思います。