Zoom模試

生活

1リモートワークで使われるZOOMを使うのも、在宅勤務のツールとしてだいぶ皆さんも使い慣れてきた頃なんじゃないですか?
私もこれはいろんな使い方ができるなと思っていたところに、ウチにいま一人いる受験生がまさしく今日、これをつかって模擬試験を受けていました。

ZOOMで模擬試験の様子

なにやら全国規模での模試らしいのですが、本試験と同じ時間帯をシミュレートして、各自が自宅で受けるというワザを学校が提案してきていて、環境が整っている人はどうぞご利用ください、という設定のようです。

一体どうやってテストでZOOMを使うのかはさっぱり想像がつかなかったんですが、問題や回答用紙はすでに郵送で配られてきていて、つまりは、

  • 最初にスクールの講師から、模擬試験のやり方や勉強に対しての心がけなどを一斉レクチャーされる。
  • スタートやストップの合図に加え、試験時間中の見張り(笑)の雰囲気を伝える映像が出続けている。

ということのようですね。

途中、
「もし問題用紙に印刷のカスレや落丁など不具合が有った場合は挙手でお知らせください。と通常はお願いするところですが、今日は無理っすね(笑)」
とか、

「えー、試験には認められた電卓以外の、電子機器(スマホ・PCなど)は使用不可です。というところですが、ま、今日の場合はお願いすること自体が無理っすね(笑)」

とかの伝達が開催側から有ったそうです(笑)

結構、傍から聞いていると笑えてしまうような不慣れさを感じてしまいますが、これも時代の変化なんでしょうね。次に出てくるシステムが楽しみです。

とは言え、人によりIT環境、例えばスマホ・PCの性能やネットの接続環境などが違ったりすると、かなり使い勝手が違ってくるでしょうし、ネットが途中で切れたりしたら、復旧の方に手を取られてしまったりするでしょうから、さすがに本試験でオンラインというわけにはいかないですかね。

でもまぁ、模試に使うのもアリだなーと感心しますし、コロナ後の世界では、教育分野は一気にオンライン化が進んでいくと思える出来事でした。
今後雨後の筍状態で新世代のコミュニケーションツールが出てくると思いますが、勢力図はどうなっていくんでしょうか。