【引越し準備】ネットで便利

生活

在宅勤務というか、どこでも仕事できることにも慣れてもきましたが、もっぱら夕刻からはプチ移住の引越し準備をしたりしています。

なにを今さらですが、前の引越しの時から比べても、やっぱりネットで完結できることが本当に増えたもんだと実感中です。
その中からいくつか印象に残ったサービスなどを。。。

まずは引越し業者

hikkoshi
その昔に引越しと言えば一大イベントで、親戚一同とか、友人かき集めとか、会社の同僚ヘルプとか、そんなことで乗り切っていた時代も有ったそうです。今は普通に引越し業者に依頼するのが常識なのかも知れませんね。

普段の生活ではまず縁のない引越し業者探しですから、ネットの無い時代には電話帳が情報源としての命で、職業別電話帳=イエローページには、会社名が50音順に掲載されていたので、あで始まる会社が多くなったのですね。「あ」より「ア」の方が上に掲載されるのでさらにその中でアーの方が先になる、、と。

ネットの時代ではやっぱりSEOですかね。いかに引越しのキーワードで上位に表示されるかが命です。

それはともかく、引越し業者のランキングやら見積比較やら、もう至れり尽くせりの情報がぞろぞろ出まくりますし、逆に迷います。

それなりの3社を選んで見積を頼み、家まで来てもらってその場で見積書のコピーが出て、あれやこれやと質問や交渉を重ねているうちに最初の見積から6万円も安くなりました。最初の値段はなんだったんでしょうかね。このプロセスにたった3日で完了ですから、やっぱりこの分野はネットが使えますね。

ライフライン手続き

gas_motosen
電気・ガス・水道などは、今の所を止めるのと、引越し先を開始するということで、その昔は相当大変でした。いまは引越し連絡帳というサービスでラクチンになりました。

しなければならない手続きを教えてくれるだけでなく、かなり多くのサービスが実際に手続きに進めるので、かなり楽になりました。
住所や連絡先・日程・名前など、決まりきった情報を繰り返し入力しなければならないことが自動化されただけでも時短になりました。

手続き内容がワンストップで管理されるだけでなく、メールも含めて内容を検索できるので、スマホがあればノートやメモがいらなくなるのは大きいですね。

ネットになってもおそらくこれからも変わらないのは、ガスだけは閉栓も開栓もガス会社の社員さんが必ず実地で作業をする手続きが必要ということです。理由はガスは可燃性気体で危険であり、接続器具も含めて確認が必須だからとのことですが、これも当たり前が引越しのときに再認識させられる項目ですね。

で、このサービスを使うと電気とガスの抱き合わせ契約をスゴーく勧めてくるセールス電話がかかってきますが、とりあえず全部こちらのマイペースで先送りにしました。ちゃんと検討したらお得になるんでしょうけど、引越し先でゆっくり考えることにします。

あ、ぜんぜん関係ないですけど、ライフラインはこの意味で使うと和製英語で、英語圏ではユーティリティーズと言うらしいです。便利アプリの名前みたいですな。逆にライフラインは英語圏では命綱の意味。なるほどー。

インターネット回線が最重要

internet_provider
引越す先で気になるのは回線です。これもその昔には、回線といえば電話線が部屋まで引いてこれるかどうかをチェックした時代も有りましたが、今は固定電話回線は要らない、ですよね?

で、今は回線といえばインターネットですから、どうやって高速安価なネットをゲットするかが勝負ですね。

東京の区部ではまず、近くまで光回線が来てないということは無い時代になったので何も心配無いのですが、地方となると本当に事情がバラバラでした。

何件か内見した物件では、光ファイバーが部屋まで引いてきて有る物件は1割程度で、半数強がケーブルテレビのインターネットサービスで、どうやらそれほど高速でないサービスのようだとのこと。残りは部屋まで来ている電話線を使ったVDSL方式のタイプで、もしかしたらそれも不可能かも??という物件だったりしました。

地域柄かわからないんですが、そのへんのこだわりについて話が通じる不動産屋さんに出会えなかったんですよね。で、どうしても条件が整わない場合は、工事とか面倒くさいので、友人宅にも置いて有ったソフバンの置くだけインターネット
こういうの↓
SoftBank Air
にしちゃえばいいかとも一瞬思ってましたが、ちょっと根気出してみたら、たまたま前住んでた人が光ファイバーを引き込んだという物件にめぐりあい、めでたく契約と至りました。

やっぱり回線、今の時代は光ファイバー回線で家選ぶ時代になったと、実感ですね。

今回は、今の光契約をそのまま同じ契約のまま移転するパターンでOKということになり、結果として一番楽なケースになりました。あとは現地で

ちゃんとギガ近くのスピードが出てくれるのを祈るばかりです。

新規で回線契約すると2万円引きというのが流行ってるんですかね、
こんな感じ↓
安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』
どこもこんな感じのシステムだなと改めてネット化した社会にいるんだとも感じます。
5Gのルーターとかが安く契約できるようなると、光ネットですら廃れる時代は来るんでしょうかね?

ロードマップでは約10年後は6Gの予定なんですけど、どうなるのか楽しみでもあります。